×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お気に入りに追加
  頭痛薬に頼る前に!
イブやバファリンなどの薬から、病院で処方される薬まで。
薬のことをもっと理解するための情報をあなたへ
  HOMEサイトマップリンク
 

  頭痛薬の副作用

   副作用とは?

副作用とは、薬を飲んだときに出る自分が欲しくない効果の事です。

分かりやすく例を挙げるとすれば、【抗がん剤】
【抗がん剤】の副作用とかは【貧血や深刻な感染症、出血など】です。
その他には【脱毛、口腔粘膜なら口内炎、消化管粘膜なら吐き気や下痢といった症状】など。
特に起こりやすい副作用は【吐き気、脱毛、白血球の減少】

本来、抗がん剤の用途は『がん』という病気を早く治療し、これ以上酷くならないようにすることが目的です。
ですが、【抗がん剤】に含まれる成分により、薬を服用したときに本来の使用目的には含まれない【症状】に襲われることがあります。これが抗がん剤の副作用と言うことになります。

   意外と知られていない薬物乱用頭痛

頭痛の種類の中には【薬物乱用頭痛】というものがあります。
これは、【頭痛を治すために飲んでいた薬によって、頭痛が酷くなる】という状態のことです。

また、頭痛薬の服用により胃潰瘍やぜんそく、アナフィラキシーショックなどと言った症状が出ることがあります。

   副作用の表れ方

使用する薬の種類にもよりますが、
【眠気や喉の痛みと言った軽度の症状】から、
【体に負担が掛かり命を落とす危険性のある重度の症状】まで様々です。

また、アレルギーの人や腎臓・肝臓などは、副作用を引き起こしやすい体質でもあります。

長期的に薬を服用する場合も、副作用が起きやすいので注意が必要です!

   副作用の出やすい体質とは?

副作用の起きやすい体質の方は以下の方々です

アレルギーを持っている
 食べ物やダニなどにアレルギーがある場合は、薬に関しても過敏に反応することがあります。

腎臓や肝臓が弱い
 薬を分解する力や排泄する能力が低下しているため、体の中に薬が留まる時間が通常の場合よりも長くなってしまい、副作用を起こしやすいです。

高齢者である
 年齢が高齢になるに伴い、腎臓や肝臓の機能が低下している事に加えて、様々な薬を服用している可能性があるので副作用を起こしやすいです。

   頭痛は頭痛薬を使わなくても治る事もあります!

頭痛薬を使う事で逆に
頭痛を悪化させることもありますので
頭痛薬を常用することは余りお勧め出来ません。

頭痛薬を服用することで
頭痛地獄に陥る一歩手前だった私が
今では頭痛のない生活を手に入れる事が出来た
方法があります。

詳しくは、下記のバナーをクリックして下さい↓


 ページトップに戻る

 Copyright c 2010 頭痛の落とし穴 All Rights Reserved.